業務用まな板削り直しなら「いたみどう」

サイトマップ
業務用まな板削りのお問い合わせ

電話:06-6353-7106
Mail: info@itamidou.com

公益社団法人 大阪食品衛生協会 特別会員
業務用まな板削りのいたみどう

業務用まな板削り直し

トップページ まな板削りの作業方法と
高品質の仕上がりのご紹介
まな板削りサービスとは 業務用まな板削り依頼中の
代替まな板サービス
家庭用のまな板削り直し ご依頼から納品まで 出張可能サービスエリア 出張可能エリア外からの
ご依頼方法を見る
業務用まな板削り料金表 業務用まな板のサイズを
入力して料金を計算
よくあるご質問 お客様のご紹介 お問い合わせ 会社概要

いたみどうのまな板削り

「いたみどう」のまな板削りは、専用の切削機で作業するため、人の手で削るのと比べて大幅な時間短縮が可能となり、へこみなどの起伏も一切無い綺麗な面の仕上がりとなります。

作業時間の短縮により、貴店のスケジュールを乱すことのない納品が可能となり、非常に効率的なサービスを提供することが可能となりました。

 >>詳しくはこちらのページ

傷んだまな板のリスクとは

日々のお手入れでは防ぎきれない程の、深い包丁キズや激しいへこみ・汚れは細菌の温床となっています。

キズ・へこみが激しくなると、切れているはずのものが切れていない等の作業効率の悪化を招き、さらに包丁を持つ手に力が入ることによって、加速度的にキズ・へこみが進行していきます。

その結果、衛生面での危険性が増すばかりか、包丁でまな板を彫り込んだ際の切りくずが食材に異物混入していくことにも繋がります。

そして、最も恐ろしいことは汚れ・傷んだまな板を使用することを日常化してしまうことです。
汚れたまな板を見ながら、そのまな板で日々の調理作業を行うことで、全体的な衛生管理意識が低下していくことなのです。

料金について

「いたみどう」のまな板削りは、大きさにもよりますが、まな板1枚の片面を削る際の料金が、新品の業務用まな板価格のおおよそ3分の1から4分の1程度の料金となっています。
新品同様に再生させますので、買い替えコストの削減にもつながります。

 >>詳しくはこちらのページ
即日返送サービス 返送料無料サービス 代替まな板サービス

業務用まな板定期メンテナンスサービス

多くの店舗で複数の業務用まな板をお使いのお客様、多数の業務用まな板をお持ちの食品加工会社様には、 「まな板定期メンテナンスサービス」をお薦めいたします。

多数の業務用まな板をお使いの企業の衛生管理ご担当者様は、
高い衛生管理意識をお持ちです。

しかしながら、特に多くの店舗をお持ちのケースでは、すべての調理現場の状況を把握するのは難しいもの。
現場との衛生意識レベルを共有しなければ、万一の事態は防げません。

万一の事態を防ぐこと

しかし、調理現場で汚れたまな板を使用し続けることが日常化してしまいますと、
衛生意識が総合的に低下
していきその結果、衛生管理ご担当者様と調理現場との間で重大な温度差が生じることとなります。

現場の方々の日々の業務・取り組みが貴社の評価を左右する、それはバックヤードでの業務といえど例外ではありません。

現場の状況

では、どう対処するべきなのか?

すべての現場を視察し、状況を把握する。
あるいは定期的にすべてのまな板を新品に取り換える。

これは効率面、コスト面を考えても、とても現実的とは言えません。

「いたみどう」は低価格で新品同様に再生する業務用まな板の削り直しと、
各種サービスにてお客様の業務スケジュールを乱すことの無い納品を確立いたしました。

衛生管理ご担当者様のご要望の期間にて、「いたみどう」がまな板の状態を確認し、必要に応じてまな板を再生させる。

それが「いたみどう」の「まな板定期メンテナンスサービス」です。

機械による切削

「まな板定期メンテナンスサービス」を利用するメリットとは、

 ・まな板の状態を保つことで、調理現場の衛生意識レベルを高め、
  衛生管理ご担当者様のお悩みをサポートいたします。

 ・メンテナンス期間・まな板の総数に応じて、新品の業務用まな板定価の
  おおよそ3分の1から4分の1程度のまな板削り価格を、さらに割り引きさせて
  いただき、コスト面でのメリットが大きくなります。

 ・厚みが薄くなり、まな板を削れなくなった場合は、当社取り扱いの新品のまな板を、
  定期メンテナンスサービスご利用の特別価格にて格安でご提供させていただきます。

多数のまな板をお持ちのお客様の買い替えコストのお悩み、そして衛生面でのお悩み、
その両方をいたみどうは「まな板定期メンテナンスサービス」で強力にサポートします。

是非、ご利用下さい。

ご依頼から納品までの流れは、こちらのページをご覧下さい。


お問い合わせ、お見積もりはこちらまで
メールでのお問い合わせは、info@itamidou.com(メールソフトが起動します)まで
近日中にご返信いたします。

厚みの薄いまな板や、凹みの激しいもの、反りなどの変形が著しいまな板は
削ることができない場合がございます。一度お問い合わせ下さい。

剥がせるまな板等の積層タイプのまな板や、
木材等の芯材を挟み込んで重量を軽くしている複層型のまな板は
まな板部分の樹脂層が薄いものがほとんどですので、
削れない場合がございます。

専用車による訪問作業をご希望の場合は、
駐車スペースと電源(100VACを2つ)をお借りします。
また、専用車搭載のまな板切削専用機に入る業務用まな板の寸法は
幅60cmまでとなっております。
駐車スペースと電源をお借りできない場合、
幅60cmを超えるまな板の場合はお引取りでの作業となります。